2010年01月09日

<放射性廃棄物>ガラス固化体、3月に英国から日本に返還(毎日新聞)

 東京、関西、四国、九州の電力4社は6日、使用済み核燃料の再処理を委託した英国から、高レベル放射性廃棄物を閉じ込めたガラス固化体が今年3月に日本へ返還されると発表した。最初に委託した仏からの返還は07年に終了しているが、英国からは初めて。

 日本の電力会社は国内の再処理施設が未完成のため、両国に再処理を委託。処理後のガラス固化体は日本へ戻すことになっている。

 国内の使用済み核燃料は69〜01年に計約7100トンが英仏の再処理工場へ海上輸送され、仏からは95〜07年に計12回(1310本)にわたって青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場へ返還された。英国からは約10年かけて計850本が戻る計画。

【関連ニュース】
伊方原発:放射性廃棄物圧縮装置で油漏れ /愛媛
六ケ所村の核燃再処理工場:ドラム缶損傷問題、操作ミスが原因−−原燃 /青森

沢庵坊探検記
1年間で100万貯める方法
現金化
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
posted by 6b9bhggafb at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。