2010年01月21日

首相動静(1月18日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時52分、公邸発。「国会がスタートするが意気込みを」に「国民の皆さんの命を守る政治を何としても行いたい」。同56分、官邸着。同57分、執務室へ。
 午前9時、執務室を出て、同1分、閣僚応接室へ。同2分、閣議室に移り臨時閣議開始。
 午前9時20分、臨時閣議終了。同26分、閣議室を出て執務室へ。
 午前11時35分、執務室を出て、同37分、官邸発。同38分、国会着。同40分、衆院第14控室へ。同41分から同54分まで、民主党代議士会に出席し、あいさつ。同59分、同室を出て、午後0時、衆院本会議場へ。同3分、衆院本会議開会。
 午後0時7分、衆院本会議休憩。同8分、同本会議場を出て、同10分、国会発。同11分、官邸着。同13分、執務室へ。
 午後0時37分、執務室を出て、同39分、官邸発。同41分、国会着。同42分、院内大臣室へ。
 午後0時49分、院内大臣室を出て、同50分、参院本会議場へ。
 午後1時から同7分まで、第174通常国会開会式。同10分、同本会議場を出て、同13分、国会発。同15分、官邸着。同16分、執務室へ。同23分、同室を出て首相会議室へ。
 午後1時49分、首相会議室を出て、同51分、官邸発。同52分、国会着。同54分、衆院議長応接室へ。同56分から同57分まで、岡田克也外相。同2時、同室を出て衆院本会議場へ。同3分、衆院本会議再開。
 午後2時12分、衆院本会議散会。同13分、同本会議場を出て、同14分、院内大臣室へ。
 午後2時27分、院内大臣室を出て、同28分、参院本会議場へ。同31分、参院本会議再開。
 午後2時40分、参院本会議散会。同41分、同本会議場を出て、同42分、国会発。同44分、官邸着。同45分、執務室へ。
 午後2時58分から同3時40分まで、簗瀬進参院予算委員長。
 午後5時、執務室を出て特別応接室へ。同1分から同31分まで、ドミニク・ストロスカーン国際通貨基金(IMF)専務理事が表敬。松野頼久官房副長官、玉木林太郎財務官ら同席。同32分、同室を出て大会議室へ。同33分、政府・民主党首脳会議開始。
 午後6時13分、政府・民主党首脳会議終了。同14分、大会議室を出て執務室へ。同15分から同25分まで、輿石東民主党参院議員会長。
 午後6時38分、執務室を出て小ホールへ。同39分から同46分まで、報道各社のインタビュー。「小沢幹事長は事情聴取に応じるべきと考えるか」に「必要に応じてご自身が判断をされて説明をされることを望む」。同47分、小ホールを出て、同48分、官邸発。
 午後6時59分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」着。同ホテル内の宴会場「ボールルーム」でバンクーバー冬季五輪日本代表選手団壮行会に出席し、あいさつ。同7時44分、同ホテル発。同55分、公邸着。
 19日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

自民比例定年制、山崎派が撤廃を強く主張(読売新聞)
亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」(産経新聞)
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携−阪神大震災経験教訓に(時事通信)
<火災>群馬で民家全焼 1人死亡(毎日新聞)
「バチスタの栄光」海堂さん、ブログで賠償命令(読売新聞)
posted by 6b9bhggafb at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。