2010年01月29日

インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向−感染研(時事通信)

 11日から17日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は、1カ所当たり8.13人で、前週(9.18)からさらに減少したことが22日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。昨年12月から減少が続いており、7週連続の減となった。
 大人の患者が減った一方、子供は増加傾向という。安井良則主任研究官は「流行を引っ張るのは子供なので今後に要注意」としている。
 1週間の推計患者数は約48万人で、夏以降の累積は推計約1923万人。ほとんどが新型とみられる。 

「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
<イカ型ロボ>小型軽量化した新型2種が完成(毎日新聞)
ハイチ大地震 復興支援へ陸自施設部隊派遣(産経新聞)
全精社協事件初公判 会長ら補助金流用認める「厚労省も了解」(産経新聞)
名護市長選 県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に(毎日新聞)
posted by 6b9bhggafb at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。