2010年02月09日

園児の保護者全員に保育体験、品川区が試み(読売新聞)

 東京都品川区は4月から、区立保育園に子供を預ける全保護者を対象に、実際に保育士を体験してもらう試みを始める。

 若い親に保育園の実情を知ってもらうのが狙い。区によると、こうした取り組みを自治体をあげて行うのは全国初という。

 区などによると自分の子供の保育について様々な注文をつける親が増え、保育士の負担が大きくなっているという。そこで区が昨年、園児の保護者114人に試験的に保育士体験を実施したところ、「保育士の苦労がわかった」などの声が寄せられた。保育士からも「保護者との距離が縮まった」との意見が相次いだ。

 新年度の保育士体験は、同区内の区立保育園39か所に通う園児約3800人の保護者に呼びかける。保護者が平日の都合の良い日を1日選び、保育士と一緒に園児を寝かせ付けたり、本の読み聞かせや布団の片づけをしたりする。区では「自分の子以外の保育は我が子の子育てにも役立つはず」と期待している。

<掘り出しニュース>小林一茶の俳句、新たに見つかる(毎日新聞)
「適当でなかった」と釈明=神戸事件の発言で−亀井郵政担当相(時事通信)
「普天間が今のまま…」岡田外相が可能性言及(産経新聞)
「個人資産」の主張切り崩せず…陸山会事件(読売新聞)
内閣不支持率、支持率を初めて上回る 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
posted by 6b9bhggafb at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。